白髪染め おしゃれ染め

白髪染めとおしゃれ染め。それぞれどんな人に向いていますか?

白髪染めとおしゃれ染め

どちらもお店ではヘアカラーのコーナーの一角に並べられているし、同じように髪の毛を染めるものですから、特に区別はないと思っておられる方も少なくはないのではないでしょうか。ところが、両者は用途に合わせて能力が異なっています。ヘアカラーは1剤・アルカリ剤と2剤・酸化剤の二種類の薬剤を混合し、化学反応をおこすことで髪を染めるものです。まず1剤が頭髪のキューティクルを開き、そこに染料が染み込んだところで2剤が髪の色素を脱色し、同時に染料の色を出します。染料は発色した時点でキューティクルの中に閉じ込められてしまい、色を定着させる仕組みです。この過程で、髪の脱色=ブリーチをしてから、染料の発色・定着をしているというところに注目してください。白髪染めは白い髪をしっかりと染めたいので、染料を定着させる染毛力が強くなっています。逆に、ブリーチ作用は低くなっています。もともと色が薄くなっている髪の毛を対象としているからです。対しておしゃれ染めは、髪を脱色するブリーチ作用が強くなっています。元の毛髪の色を落とすことで綺麗に染めようということです。つまり、おなじ目的のためでありながら、元の髪の毛の状態によって効果の出方を変えてあるのです。白髪染めはその名のとおり白髪を綺麗に染められるように作られていますから、白髪が気になる方にオススメです。おしゃれ染めでは染色力が弱いので綺麗に染まらなく、色が長続きしません。おしゃれ染めはもとから髪の毛の色が黒くて白髪が少ない方が、髪の毛の色を変えたいときに選んでください。白髪染めはブリーチ作用が弱いので元の髪色が落ちないですから、髪の毛に色がつかないのです。白髪染めとおしゃれ染め、あなたの髪の毛の状態にあわせて適したものを選んで、思い思いのヘアスタイルを楽しんでくださいね。

 

利尻ヘアカラー/全額返金保証  こんな白髪染めが欲しかった

 

オススメの白髪染めは利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、天然利尻昆布エキスをはじめとした28種類の天然成分を配合しています。利尻昆布エキスの作用により、髪や頭皮に潤いをあたえるミネラル、保湿作用のあるアルギン酸、保湿作用のある昆布のぬめり成分フコダインが、髪と頭皮への優しさを実現しました。また防腐剤や香料などの添加物を加えていません。白髪染めによくある頭皮の「ヒリヒリ感」や「ツンと来る臭い」がなく、直接手にとっての使用もできるほどの手軽さを実現しています。
(※感じ方には個人差がありますので、気になる場合はブラシや手袋をお使いください)
さらに、10分程度で染まるお手軽さ。臭いも無いので待ち時間に家事をすましたり、逆にじっくり時間を取ることも苦になりません。色はライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの3色。お好みに応じてお選びいただけます。白髪が気になる方は是非、お試しください。

 

お得なキャンペーンへはコチラ  髪を染めるとかゆくなる方へ

 

 

利尻ヘアカラートリートメント限定キャンペーン/TOP